2017年09月29日

公正取引委員会よりお知らせ

20170915Ga.jpg20170915Gb.jpg


posted by 城西支部 at 18:21| 東京 ☀| 御報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第 4 回経営イノベーション部会 平成 29 年度 経営革新マーケティング委員会

平成 29年度 経営革新マーケティング委員会

4 回経営イノベーション部会
平成 29 年 9 月 5 日(火)
出 席 者  福田浩志委員長、伊藤壽彦部会長、青木允、仲川文隆、浜田彰、萩部健次、中野英一郎、鶴岡丈夫各委員

〈ガイドブック製作協力〉


前田祐、園部幸平、玉虫隆二(山田ビジネスコンサルティング梶j 金澤克明( 活刷出版研究所)

〈事務局〉津嶋(担当)

協議事項

1.ソリューション・プロバイダーへのイノベーション支援

「その時、会社が動いた 〜イノベーション事例発表 4 社の失敗例と成功談〜」セミナー(6 28 日実施済)
協議結果

1)各ブロックおよび各支部でのセミナー開催について

福田委員長が、以下のとおり説明した。

・各ブロックで 1 回、年度内に計 4 回(来年 2 月までに)を開催したい。

6 28 日に開催したセミナーで、参加した企業に対して、その後何か変化等があったか、アンケートをとる。アンケート内容は、伊藤部会長と事務局で調整すること。

9 7 日の支部長会時に、各ブロック長に対して参考資料として、6

28 日に開催した際の東印工組ニュースを渡す予定。また、伊藤部会長が、以下のとお り説明した。

・ファシリテーター役は、伊藤が担当する但し、瀬田氏が可能な場合はお願いする

協議事項

2.事業承継ガイドブック製作に係る協議について

協議結果

山田ビジネスコンサルティング以下、「YBC玉虫氏が、配付した

「参考資料 12」に基づいて説明した。出席者から主に以下の意見が述べられ、引き続き検討する。

・配付資料のフローチャートに該当しない人(例えば、今は承継の時期ではない場合)でも、「ここにメリットがある」ということを盛り込むと良い。

・目次に、「事業承継対策について何もしなかった場合」という項目を設けてみるのも良い危機感を持たせる

・参考資料 2 のケース 7「第三者承継でハッピーリタイア」に、事例があると良い。

・地方での抵抗感も考えて、前回の部会で意見のあった、「M&A」という単語を日本語で表現できないか。

・地方でも、「M&A」という表現について抵抗感は異なる。そこは深く考えなくて良いのではないか。

・読み手については、全体を考え過ぎると内容がオブラートに包まれてしまうので、「しっかりと読みたい人」を対象とした方が良いのでは。

・このガイドブックは、どの範囲までが対象で、有償・無償等、どういう想定なのか。

・全印工連名で販売(有償)することを想定しているので、対象は全国。販売の方法としては、例えば、組合員には 2,0002,500 円、組合員外には 5,000 円といったことを想定している。但し、これらについては、これから検討していくことなので、あくまでイメージである。

・このガイドブックを読んで、いざ事業承継に取り組んでみようとした時、具体的にどうしたらよいのか。

・相談する「テーマ」を、ガイドブックでイメージしてもらい、後は YBC に連絡をしてくれても良いし、顧問の専門家に相談しても良い。

・最終的には、全印工連事業承継支援センターに繋げられるようにしたほうが良い。

・ケース事例については、中身は一般論(現実の例の有無を問わず)でも良いが、印刷業界のエッセンス(印刷業界の人が共感できること)が入っていれば良いと考える。

・各部会委員に、共感できる事例を出してもらうのも良い。

・「ケース事例」の項目については、(現実の例の有無を問わず)共感できる内容で良いが、「事業承継インタビュー」の項目については、本人出演パターン(顔は出さないが、会社名は出した方がリアル)を想定していた。

K1.jpgK2.jpgK3.jpgK4.jpg


続きを読む
posted by 城西支部 at 17:33| 東京 ☀| 御報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。